WorkNC 2D & Hole MachiningWorkNC 2D & Hole MachiningWorkNC 2D & Hole MachiningWorkNC 2D & Hole Machining

PDFWorkNCの2軸加工ツールパス&穴あけ加工

WorkNCの2軸加工と穴(あけ)加工機能は、シンプル加工、多面形状、部品内にある全ての穴をプログラミングするために完全なソリューションを提供します。WorkNCの2軸加工と穴あけ加工機能は、カーブ形状、サーフェスまたはソリッド形状上で作業する事ができ、CADモデルで設計したか否かに関係なく穴あけプログラミングができます。


一目でわかる特長

  • 余り複雑でない、多面形状に最適
  • カーブとサーフェス加工機能を含む
  • 穴を完全自動作成
  • 深穴や交差穴に適応
  • 穴は任意の角度で傾斜可能
  • 任意の傾斜でも加工可能
     

WorkNCは単純な形状加工をカバーしています。カーブまたはサーフェス上の2軸加工ツールパスは、完全な多面形状やニーズのあるどのような穴あけでも行えるように、自動と手動の穴あけプログラミング機能を併用しています。

WorkNCは、3軸モデルから抽出した独立した2軸またはカーブから直接に加工するための2軸カーブ加工機能を含みます。さらに、高速プログラミングするために、2軸加工機能の多くはカーブ形状の抽出の必要性なく、ソリッド形状上で直接加工することができます。

WorkNCの2軸加工機能は、ポケット加工、プロファイル加工、加工残りカーブ、彫刻、面取り、フェース加工、その他一般的な2軸加工作業を行うことができます。これらは、昔から2軸加工オプションと呼ばれますが、これらのカーブは2軸平面に制約される必要はありません。彫刻、削り残し、プロファイリング加工のような機能は、非平面の3軸カーブ上でも簡単に加工できます。

フィーチャ認識は自動穴あけ加工で使用されます。WorkNCはベクトルまたは平面形状に関わらず、全てのシリンダ形状を見つけて加工することができます。事前定義テンプレートは、数百や数千の穴のプログラミングをわずか数秒で可能にします。知能(インテリジェンス)は交差する深い穴においても、安全に深穴を加工することが可能です。

自動穴検出と穴加工の他に、手動穴あけ向けの充分な機能も搭載されています。これは、前もってお客様のテンプレートを追加することなく、すぐに穴が必要なときに使用できます。たとえ穴がCADモデルで設計されていない場合でも、単純なポイントセットの使用を通してプログラミングすることができます。

自動・手動穴あけ加工同様に、WorkNCの2軸加工機能は、加工ベクトルに使用することができます。ツールホルダーや干渉チェック機能のような高度な3軸機能は、安全な加工環境を確実にするために、ソリッドまたはサーフェスで2軸ツールパスを使用することができます。