Why WorkNCWhy WorkNCWhy WorkNC

Why WorkNC?

WorkNCの強力な機能は、金型メーカー、工具メーカー、鋳型メーカー、プロトタイプ・モデルメーカー、プレス金型メーカーなどで長い間愛用されています。
 
WorkNCは、操作が簡単、高性能で複雑な形状の加工を得意とするCAD/CAMソリューションとして、操作が簡単なだけでなく、操作性の良さと計算の速さ、そして信頼性のあるツールパスをあわせ持ったシステムです。
 
WorkNCは、競争力の激しい世界においてお客様の生産性を向上させ、自動車、航空宇宙・防衛、家電機器、一般商品、玩具、スポーツ・レジャー商品、コンテナ・パレット、ガラス製品、ジュエリー、光学(メガネ)、楽器、造船、医療(補綴)など、幅広く多様化する製造業界における市場獲得に貢献しています。
 
 

自動化ソリューション

WorkNCは、“ボタン1つ”で設定が可能ともいえるシステムで、荒加工、仕上げ加工、最適化加工、隅部加工、等高線加工、カーブ加工、穴加工といった日々の業務におけるニーズに対応する自動ツールパスを搭載しています。
 
WorkNCは自動CAD/CAMシステムなので、お客様がツールパスを作成する際に仕上がりを予測しながら設定を行う必要がありません。いくつかの基本パラメータを入力するだけで、残りの設定は全て自動CAMシステムWorkNCが行います。また、WorkNCには短時間でツールパスをグラフィックに編集機能や標準ポスト処理機能があります。

WorkNCを操作するのにコンピューターの専門知識は必要ありません。
 

生産性向上

WorkNCは、ツールパスの設定時間を短縮し、常に最適化されたツールパスを作成するだけでなく、加工時の工具の無駄な動作を減らすことで加工時間も大幅に削減します。また、ワークゾーンを標準ファイルに保存し、類似のプロジェクトで再利用するなど、お客様のノウハウを最大限に活用することができます。

 

高い信頼性

WorkNCでは常に最先端の制御技術を採用し、お客様がもっとも信頼できるツールパスを作成することを可能にしています。最も高度な制御技術を採用することで、WorkNCは一貫して最高の信頼性のあるツールパスを作成します。さらに、WorkNCは高速加工機能を使用しても最高レベルの安全性を保証いたします。
 
 

簡単な操作性

WorkNCの簡単な操作性や改善された操作性は、お客様にも納得していただけるでしょう。ユーザーフレンドリーなインターフェイスとシンプルなパラメータを備えたWorkNCは、オフィスや現場での使用に最適なシステムです。
 
 

バッチモード計算

殆どのCAMシステムは、1つのプロジェクトに対し1つのユーザーインターフェイスしか使用することができません。しかし、WorkNCは複数のプロジェクトを同時に進行することができるので、大幅に時間を節約することができます。
 
 

WorkNCの最適化された高速加工(HSM)

WorkNCの高速加工ツールパスは高い信頼性に定評があり、高価な高速加工機を有効活用するために必要な機能は、全て標準機能としてWorkNCに搭載されています。
 
 

CAMとCADの融合

WorkNCとその統合されたCADモジュールは、さまざまな種類の金型を効率よく生産することができる機能を搭載しています。設定段階で、保護するサーフェスの追加や穴あけポイントの定義、穴を閉じる、カーブの作成、未加工部分のカーブを利用した電極作成の範囲指定などの操作がいかに簡単であるかを実感していただけるでしょう。
 
 

高速計算時間

WorkNCは、デュアル・マルチコアCPUおよび64bit OSに対応しています。
それは、WorkNCのユーザーにとって何を意味するでしょうか? 
 
●マルチコア計算: WorkNCでは、マルチコア計算をサポートすることで同じワークゾーン内の複数の計算を同時に実施することができます。例えば、等高線仕上げ加工パスと等高線最適化加工パス、面沿い隅加工パスを、一度に計算を実施することが可能となります(他のツールパスに依存しない場合)。それに対し、ストックモデル(素材形状)の更新が前提となるグローバル荒加工/再荒加工の計算では計算順序を自動で最適に割り振り、計算を実施します。さらに、Auto5などにも幅広くマルチコア計算は対応しています。マルチコア計算は、最新CPUスペックを活用した計算を可能にします。
 
 
イギリスのあるWorkNCユーザー様が、以下のように感想を述べてくださいました。
 
“今までとの違いは・・・誇張表現ではなく、ピストンエンジンからジェットエンジンへ変更したかのようです。"
 
“私は、大量の複雑な射出成型金型を作っています。以前は、大きな複雑な電極に相当する暗号をコンピューターが解読している間に、1杯の紅茶を飲んでゆっくりする待ち時間がありましたが、今ではお湯を沸かしに行く時間さえないほど計算が速いのです!これは大きな違いです!"