高速・安全・低コスト - WorkNCがMeissner AG社での同時5軸加工を簡素化!

5軸加工に投資

 
Meissner AG社は、ドイツ最大の独立系工具メーカーで、5軸加工に多額の投資を行ってきたことで競合他社との競争力を著しく持っています。同社において、CAD/CAMシステムWorkNCは、NCプログラミングの簡素化、高速化、安全性確保するために、極めて重要な役割を果しています。

Tilman Löffelholz氏(Meissner AG社のCEO):
「26台の加工機のうち14台は同時5軸加工ができます。我々は現在5軸加工に焦点を当てており、ほとんどの事例において、3軸加工と比較した場合、低コスト・短リードタイムを実現しています。」
 

“4コアまたは8コアを有するパワフルなPC上で、WorkNC V21のマルチコア計算を使用すると、結果は素晴らしいものになっています。
WorkNC V21は、プロブラミングを本当に簡単にしてくれています!”

Thorseten Koch氏(Meissner AG社チームマネージャー)

従業員が株式を所有する会社が、品質およびサービスを提供

同社は、1996年にWorkNCを導入して以来、売上高は3倍、従業員も300名まで増やしている企業です。自動車業界に特化し、エンジンブロックおよびシリンダヘッドの鋳物金型、燃料タンク用のブロー金型、ならびに内装トリムパネルの加工用工具を製作しています。

Tilman Löffelholz氏:
「当社は従業員が株式の大半を所有しているため、すべての従業員は非常にやる気に満ちあふれ、高い技術水準を持っていることに誇りを持っています。故に、従業員は企業家精神にあふれ、責任感ある姿勢を培っています。この姿勢が顧客に提供する模範的な品質とサービスに反映されています。」
 

簡素化された5軸加工プログラミング

一般に5軸加工NCプログラミングは難しいと言われていますが、チームマネージャーのThorsten Koch氏はこの考えを否定しています。

Thorseten Koch氏:
「WorkNCを使用すると、5軸加工プログラミングが3軸プログラミングと同じくらい簡単なものになります。1996年にこのソフトウェアの導入を決めたとき、その簡単な操作性、高い信頼性、干渉しないツールパスなどの特性から、このソフトウェアは最高の製品であると確信しました。導入後も機械加工テクノロジーに大きな変革をもたらし、常にWorkNCは革新の最前線に立ってきました。」

同社では、CATIA、Siemens NX(Unigraphics)、およびCreo Parametric(Pro/Engineer)のCADシステムを使用しています。

Thorsten Koch氏:
「使い勝手のよい簡単なCAD機能のおかげで、モデルを簡単に操作し準備する事ができます。今では、新しいCAMプログラミングのほとんどの場合、5軸加工でツールパスを作成するのに、WorkNC Auto5およびWorkNC 5axis(標準同時5軸加工機能)を併用しています。Auto5は3軸ツールパスを5軸ツールパスに自動変換するもので、工具と工具ホルダーの詳細な情報を追加するだけで、個々の加工機の動作条件を考慮しつつ、ソフトウェアが干渉なく同時5軸ツールパスを作成するのです。」
 

工具コストを半減(5軸加工の優位点)

Reinhard Hackler氏(機械製造部門):
「我々は、EDM(放電加工)、電極作成、再クランプ加工などの作業工程を完全に排除し、大幅な節約を実現しました。また、より短い工具を使用することで、チップ寿命の改善とカッターのたわみを減少し、さらに優れた表面仕上げと精度の向上をもたらしています。振動も減少したことで小径工具を使用でき、1回のオペレーションでより多くの部品加工を終えることができるようになりました。
また、エンジンブロックの砂型鋳物を加工しようとすると、5軸仕上げ加工で4つから6つの工具を使用します。3軸加工で同じ作業を行うと、2倍の工具が必要になります。振動レベルを低減することで工具数が減り工具寿命も伸び、工具コストは3軸を使った時に比べ半分になっています。」
 

Check and Go

同社では、後処理前の計算後、ツールパスをシミュレーションするWorkNCのCheck and Go機能が好評です。WorkNCは、固定5軸・同時5軸加工の軸方向、機械形状と動作条件、工具およびテーブル上のワークの位置を加味し、干渉の可能性を検出して表示します。

Thorsten Koch氏:
「移動制限に達すると、WorkNCはテーブル上のワークの最適条件位置を計算することができます。その最適条件により、殆どの場合問題が解決され、1回のオペレーションでワークの加工が可能となり、ワークの再クランプを回避しています。」
 

安全性を保障するシミュレーション

同社は、現在WorkNC を16ライセンス保有しており、そのうちの9ライセンスは5軸対応です。さらに、加工機械設置場所に隣接する作業場ではビューワライセンスを16台分保有しています。

Reinhard Hackler氏:
「ビューワ機能によって、技術者は構成品の図面および次の作業のツールパスを視覚化できます。また、紙の使用量を最小限に抑えるなど、信頼性や実績をうみだしています。」

技術者:
「我々が取り組んでいる新しい複雑な加工プログラムでは、WorkNCでシミュレーションをして、機械加工プロセス全体において高レベルの安全性を保障しています。」
 

高速演算

5軸加工プログラムは大規模で、CAMシステムは大量のNCデータを作成する必要があり、演算速度は非常に重要なポイントです。同社では、64ビットOSに対応し、マルチコア計算をサポートするWorkNC V21を使用することで、CAMシステムは極めて大規模なファイルを、容易に操作・管理をしています。

Thorsten Koch氏:
「我々は、かなりの大物加工にも成功しており、加工は極めて高速で行われています。4コアまたは8コアを有するパワフルなPC上で、WorkNC V21のマルチコア計算を使用すると、結果は素晴らしいものになっています。WorkNC V21は、プロブラミングを本当に簡単にしてくれています!」
 
 

企業について

社名: Meissner AG社

Web: www.meissner.eu

 

WorkNCの導入メリット

  • コスト削減
  • WorkNCのシミュレーションで高レベルの安全性を保障
  • 時間短縮
 

コメント

「4コアまたは8コアを有するパワフルなPC上で、WorkNC V21のマルチコア計算を使用すると、結果は素晴らしいものになっています。
WorkNC V21は、プロブラミングを本当に簡単にしてくれています!」
 
Thorseten Koch氏(Meissner AG社チームマネージャー)

 

前へ  |  次へ