WorkNC Models & PrototypesWorkNC Models & Prototypes

プロトタイプ・モデル

プロトタイプとモデルの高速加工は最高のソリューション
 
新製品の製品化までの時間は、成功を導くカギで、プロトタイプとモデルはデザインの最終決定に役立つものです。自動CAD/CAMシステムのWorkNCは、ラピットプロトタイピングに代わる強力なツールです。このツールは、モデル作成の追加機能として、直接小ロットの部品とモデルの加工を行います。プロトタイプは、機能性や外観を正確に評価できる樹脂や成形用の素材で作られます。
 
WCADモデルを直接使用して作業する場合、WorkNCは成形や加工を容易にするために、パーティングラインを作成したり勾配角度を検証したりすることができます。このソフトの自動プログラミング機能は、工具とホルダーの干渉を回避しながら短時間でツールパスを作成します。一般的にラピットプロトタイピングでよく使用される5軸のマシニングセンタ用には、WorkNC Auto5で3軸ツールパスを5軸ツールパスに変換が可能なため、1回のセッティングでパーツの大部分を加工できます。また、短い工具を使用することができ、特に細部の仕上がりを向上させます。さらに、WorkNCはツールパスの信頼性に定評があり、機械の無人運転や高品質な仕上がりによって生産時間を最小限に抑え、手磨きの手間を省き、この競争の激しい業界においてコスト削減を可能にします。
 
また、WorkNCは、特殊なレイヤー加工モジュールを提供しています。これは、レイヤー分けされた素材を貼り合わせて、プロトタイプを加工して組み立てるマシンのために開発されました。このWorkNCのLMP(Layer Milling Process)は、モデルをスライスしてレイヤー分けし、各レイヤーの輪郭を加工する機能です。さらに、WorkNCはレイヤー間の必要な場所に、接着剤を挿入するためのパスを作成することもできます。レイヤーを加工して張り合わせると、WorkNCはモデル全体を作りだします。そのままの状態では、加工が非常に難しいパーツにはこの方法が有効です。