WorkNC Job PreparationWorkNC Job PreparationWorkNC Job PreparationWorkNC Job PreparationWorkNC Job Preparation

PDF加工準備

ツールパスを作成するには、プログラミング作業が多くの時間をしめます。WorkNCは、プログラミング前に必要な作業を完結するCAM指向のCAD機能が含まれています。シーケンスのような自動化ツールは、プログラミングを簡素化するために作成することが可能です。モデルを加工するために準備に費やした時間を短縮し、より迅速に加工することができます。


一目でわかる特長

  • 自動モデル準備
  • 形状検証ツール
  • 穴または他のオープンエリアを埋める
  • カーブ作成
  • ツールライブラリとシーケンス
     

WorkNCは、加工工程を補強または自動化するためにたくさんのツールが用意されています。それらのいくつかはCADツールで、加工を簡単にします。他にはCAM中心のもので、バックグラウンドで自動的に実施できるツールがあります。CAM中心のツールは、お客様が設計部門から独立して業務準備全てを最適化できるように設計されています。 

完全自動化ツールは、形状を読みこんでいる間にデータの整合性とデータ準備を含みます。多くのCAMシステムは、たった1つのツールパスを作成する前に部品形状をステッチおよび回復するのに、集中的なCAD業務の時間が必要です。他方では、WorkNCは常に形状読込みおよび初期化の後、直ぐにツールパスを作成する準備を行います。最初の形状起動時に、WorkNCは最初に干渉しない信頼性のあるツールパスを必要なデータとエレメントとして作成します。

WorkNCのCADモジュールは、CAMプログラマーを支援するために設計された多くのツールがあります。検証ツールは、形状のコーナーRや、形状のドラフト角が全ての平面エリアと全ての垂直エリアや任意のアンダーカットかどうかを見つけるのに使用することができます。任意の位置におけるビューセクションカットが可能で、カーブにセクションカットを変える事さえもできます。サーフェス作成ツールは、データの小さなギャップを埋めるために使用することができ、加工する前に穴やポケットをすぐに覆ったり、覆って一体化することができます。

カーブは、他の曲線や3Dモデル形状から、どんなスペースでも、同様に作成することができます。
これらのカーブは2軸カーブ加工機能向けの入力として使用することができます。カーブもまたツールパスを含むバンダリーとして使用することもできます。または、加工時にドライブカーブとして使用する事も可能です。

WorkNCに搭載される他の機能は、プログラミング工程をより自動化するために使用できます。ツールライブラリは、特定のツール向けに工具パラメータの全てを保存することができ、必要な時に自動でデータを入力することが可能です。シーケンスは、一度で全てのパラメータを指定して、複数の加工オペレーションを提供するために読み込むことができます。例えば、硬鋼荒加工シーケンス。シーケンスは以前の加工業務から非常に簡単にすることができます。