WorkNC AerospaceWorkNC Aerospace

航空宇宙・防衛

信頼できるWorkNCの航空宇宙・防衛部品加工
 
航空宇宙・防衛部品には最高水準の品質が求められます。多くの場合、チタンのような硬素材ブロック材を使用しています。航空宇宙・防衛部品加工は、一般的に複雑で時間のかかる作業のため、各部品の付加価値は高く、加工の失敗は莫大な出費となってしまいます。WorkNCは、3軸はもちろん同時5軸加工においても、工具とホルダーの完全な干渉回避と、マシン全体とその動きのシミュレーションを行うことで、安全なツールパスを作成できる信頼性の高いシステムです。
 
ソフトウェア上では、スムーズなツールパスが最高の面仕上がりを保証します。例えばダウンカット向きのトロコイド動作は、切削状態を最適化し、工具負荷を最小限に抑えることができるため、硬素材の加工に最適です。この動作を使うことで工具破損のリスクをより低く抑え、工具寿命を延ばし、部品の加工応力を減らすことが可能です。航空宇宙部品にとって上記の要素は特に重要になります。つまり、工具の不具合はパーツの深刻な破損を招く一方、加工による過度の力は素材の構造に悪影響を及ぼす場合があり、そのことで仕上がりの品質を落とすこともあります。
 
WorkNCには、インペラやブレードといった特殊な航空宇宙部品用の加工機能があります。複雑なインペラ加工には5軸ツールパスで荒加工と仕上げを行い、ブレード加工機能では、マシンの角度制限を考慮に入れながら加工中のブレードを回転させることができます。その他の5軸機能を使って、航空宇宙部品に共通する特徴であるアンダーカットのポケット加工や複合部品のトリミングを行うことができます。