WorkNC on the Shop FloorWorkNC on the Shop FloorWorkNC on the Shop FloorWorkNC on the Shop FloorWorkNC on the Shop Floor

PDFショップフロアCAM WorkNC

多くのメーカーでは、現場で直接CAMプログラミングを行うようになりました。WorkNCのメリットとして、短い時間でのプログラミング作業が、現場における利用の幅を広げています。
 
WorkNCの自動機能と使い易いインタフェースは、加工現場作業において理想的なツールです。

 

一目でわかる特長

  • 使い易いインタフェースで、短時間で立上げが可能
  • 効果的なCAMプログラミング
  • 高速計算
  • 自動加工動作
  • 短い工具を安全に使用するためのツールホルダー干渉チェック

WorkNCは、不要なサブメニューや局部オプションなく、直観的なユーザーインタフェースを搭載しています。この合理化されたインタフェースは、短い時間での立上げを可能にします。
いくつかの基本的な加工パラメーターを入力することで、お客様の部品形状をプログラミングし、干渉しないツールパスを計算します。可能な限り最短時間でお客様の部品形状をプログラミングするために、テンプレートやライブラリを使ってCAMプログラミングを自動化します。
 
自動加工機能は、プログラミング時間を簡単かつ迅速にします。WorkNCは、ストック状況を追跡するためのダイナミックストックモデル管理機能を使った自動荒加工と再荒加工機能を搭載しています。削り残し加工を含む自動仕上げ加工は、迅速かつ効率的に細部を加工することができます。
 
WorkNCは、プログラミングが速いだけでなくツールパス計算も速いシステムです。マルチコア計算によるマルチコアCPUの活用や64bit OS対応による大容量メモリーの利用など効果的なアルゴリズムを使うことで、WorkNCは大きい形状や非常に複雑な形状でも、今まで数時間掛かっていたものを数分でツールパス計算をすることが可能です。超高速計算には、形状プログラミングに必要な時間を大幅に短縮するための自動ツールパス作成機能を組み合わせています。
 
高速プログラミングは、それをバックアップするツールパス計算が信頼できるものでなければ殆ど意味がありません。WorkNCのツールパスは、全ての加工段階で干渉しないように自動で干渉チェックを行います。WorkNCは、お客様がしばしば検証シミュレーションを実施することなく動かすことができる、有効的かつ高品質のツールパスを作成します。
ツールパスは、干渉しない加工環境を維持しながら、最短工具が使用できる工具ホルダーかをチェックすることができます。
 
WorkNCの特長の操作が簡単、高速計算、高信頼性が、現場で直接プログラミングを実現するために理想的な環境を作ります。必要に応じて形状は計算され、プログラミングに必要な時間を短縮します。ショップフロアプログラミングは、変更を実施するのに必要な時間を減らします。個々のミーリング加工に最も精通したプログラミングを行うことが可能です。