WorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest Release

最新版 WorkNC V24 NEW!!!

WorkNC は1987年に誕生して以来、迅速かつ自動プログラミング、安全で信頼性の高いツールパス作成、ハイパフォーマンス加工といった高い評価を常に受けています!



迅速かつ自動プログラミング

最新版WorkNC V24の強化機能に含まれている削り残しプレビュー機能は、WorkNCオペレーターが加工準備時間を削減できる解析ツールへと変貌を遂げています。そのアップグレードされた機能は、ユーザーが定義する色分けに応じて、任意モデル上に削り残った材料の量を、ユーザーが直感的に判断することができます。

最新バージョンでは、より速い計算能力を持つ新たな干渉チェックアルゴリズムを提供し、加工機、ツールパス、クランプシステムの干渉チェックをを考慮した一元管理を実施することが可能となります。


安全で信頼性の高いツールパス

工具メーカーによって推薦される加工条件に応じて、WorkNC V24は安全に強化されたツールパスを提供します。

3軸と固定5軸加工における、WorkNCの干渉チェックモジュールは、使用可能な最短の工具突き出し長さを算出することができます。同時5軸加工向けAuto 5モジュールは、ユーザーが定義する切削条件を可能な限り最良の条件にコントロールします。この機能を使用することで、リブ加工や狭いスロットのような部分を小径工具で加工する際に最適な加工方向にコントロールすることが可能です。


ハイパフォーマンス加工

WorkNCのツールパスは、ユーザーが最も効率的なアルゴリズムと最新の加工技術から恩恵を得られるように、定期的かつ包括的レビューを受けています。

隅部加工ツールパスは、V24で全面的に刷新されています。新しい隅部加工は、垂直および平面の両方の領域を自動的に検出し、ツールパスを作成することでより高い精度を得ることを実現します。

等高線加工は完全な立壁エリアのみ実施され、緩斜面エリアは面沿い加工を行います。

等高線仕上げ加工ツールパスの自動可変Zピッチオプションは、切削面品質と生産性をより向上せるために強化された最適化機能と併せて、より綺麗な工具軌跡を作成します。


新しいCAD機能

V23で新規追加されたSTLファイル処理機能は、V24でさらに機能アップしています。このインテリジェントな機能は、形状の特長に合わせてSTLを分類、平面・シリンダー・その他にグループ化することが可能となります。分類した結果を基に加工エリアもしくはバンダリーカーブ作成を行うことができます。