WorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest ReleaseWorkNC Latest Release

最新版 WorkNC V23

2軸~同時5軸加工向けCAD/ CAMソリューションを提供して約30年の実績を誇ります!
 

WorkNC V23の改善された干渉チェック機能と追加されたアセンブリツールパス機能が生産管理プロセスを最適化します。最新版のWorkNC V23を使用して新しいプロジェクトを作成すると、前バージョンに比べて5倍の速さでツールパス作成を実現します。V22ではユーザー様からの品質要望を満たすため、全く新しいツールパスを2つ追加し、切削面品質向上とツールパスの滑らかさに対応する開発作業を継続してきました。
 
V23では、新たにアセンブリツールパス機能をサポートすることでWorkNC内の加工環境最適化を実現しています。この機能は、実加工で発生している加工上の問題を完全にコントロールし、オペレーターはWorkNC内で実加工に即したツールパスの作成が可能となります。5軸加工における工具交換時のマシンヘッドの動きや回転もコントロール可能となるため、多面加工を実施されているユーザー様は必須の機能となるでしょう。V23は新しいマネージメントモジュールの導入により、加工干渉チェックの機能が強化されています。またこの機能では、工具、ホルダーと共に、マシン、クランプシステム、セット位置を考慮したトータルの干渉チェック・リミット条件を検出します。
 
WV23の形状変換ロジックは、生産性とリソースに関するユーザー様の期待に応えるべく、全く新しいロジックを使用することにしました。このロジックを使用した形状取り込みでは大幅な計算時間短縮を実現しており、データサイズも1/5程度に圧縮され、ツールパス作成精度向上にも寄与しています。
 
V23のWorkNC-CADでは、STLデータに対しての機能をいくつか追加しています。3D STLモデルでは、STLデータを直接ストックモデル(素材形状)として定義することが出来るようになり、ストックモデル品質向上と取り込み計算時間の大幅短縮(-95%!)が可能となります。
 
WorkNCでサポートしている標準CADはCAM作業の補助機能となります。V23ではソリッドカーネルを使用したCADメニューが追加され、プレビューで結果を確認しながら面の延長やオフセットを行うことが出来るようになり、オペレーション時間の短縮を図っています。:
  • サーフェスエッジの延長 – 接線延長や角度指定延長
  • 自動モデルトリミングによるフォレット作成・面取り
  • サーフェスのシルエット作成
  • 自動交差点オプションを指定可能なサーフェスオフセット